リテーナー契約とは

リテーナー契約は人材コンサルティングの最も効果的な方法として、世界最初の組織的な人材コンサルタント・ボイデン社により1946年に導入されて以来、60年以上に亘って世界各地域の人材業界において最高の成果を挙げてきた契約システムです。

このシステムは個々の人材サーチ(求人)案件について3ヶ月間の個別契約・専属形態のコンサルティングを意味します。そしてその過程の中で人材紹介(必ず複数の異なる候補者の方を提示する)の精緻なサービスを効率的に行うものです。

コンサルティング料としては求人対象の年収の1/3を目途に固定(リテイン)し、3回の均等支払で戴くのが通例です。

コンサルティングには企業の求める適格な人材の紹介と面接・評価過程へのきめ細かいサービスを含みます。

プロセス詳細は 「企業の皆様へ」-「サービス」の項 ご参照下さい