サービス

人材コンサルティングの契約とその進め方

1.企業様へのご提案 
クライアントニーズの的確な把握。これが我々のコンサルテーションの第一歩です。具体的には、御社がいかなる人材を必要としているのか、なぜその様な人材を必要としているのか、そしてそのような人材に何を期待しているのかについて、充分な理解をさせて頂きます。又、それに伴ない、御社の企業理念、事業目標、事業または商品の特色、将来の展望や、人事組織体系、組織の活性度合、更には労働条件等についてお話し合いをさせて頂きます。そして、御社との理解と同意に基づきスペシフィケーション(仕様書)を作成致します。

2.ターゲットの分析・サーチ
3.競合会社の分析・サーチ

スペシフィケーションに基づき、ターゲットと考えられる会社・団体等のリストアップを行い、それに対する追加・削除等の調整を御社と共に行います。このリストに基づき、具体的な人材情報のサーチ活動に入ります。(プロジェクトのスタート)一般的には、大学卒業名簿、社員名簿、その他各種の人材データベース、外部・内部情報チャネルを通じて人材情報サーチを致しますが、具体的なご要望、即ち職能、語学力等によって各プロジェクトの難易度は異なり、従って、人材情報の提供に至る期間もプロジェクトごとに異なります。人材情報サーチに成功しますと、その後電話等による打診、数次に亘る面接を経たあと、弊社のスクリーニングの結果、適格者に関する人材情報の提供というステップを踏みます。 上記のサーチ活動と並行して、同時進行的に人事制度・人事組織に関わる競合会社の環境調査、情報収集・分析、更には給与体系に関する情報提供を行います。人事情報の提供による最終採用決定に当っては、これらの情報収集・分析を基礎に当該採用に対する待遇、条件等についてもアドバイスを行います。

4.候補者へのコンタクト
上記プロセスを経てリストアップされた候補者の方に弊社スタッフから電話、書信等によりコンタクトし、求人内容の概略説明、転職への関心有無の確認を行います。転職そのものへの関心がない方には原則としてコンタクトを続けることはありません。また応募の意思が確認出来るまでは原則として求人企業の固有名を開示することもありません。

5.候補者へのインタヴュー
求人内容に関心を示した方とは弊社によるインタヴューを必ず行います。基本的な応募意思を示された方へは求人企業の概要、求人ポジションの内容、求人ニーズの背景などを正確に説明し具体的な応募意思を確認致します。同時に候補者の方の履歴・職務経歴・人柄・対象ポジションへの適格性などをチェックします。

6.ご採用企業による面接
応募の意思並びに適格性が確認された候補者の方の履歴書・職務経歴書に弊社意見を付した報告書を求人企業に提出し、面接のご希望有無を確認します。面接対象となった候補者の方に連絡し面接スケジュールの確認、アレンジを行います。面接には求人企業・候補者の方のご異存がない限り原則として弊社スタッフが同席を致します。

7.採用決定
面接を含む選考プロセスを経て求人企業による採用が決定されます。弊社は採用企業のご意向に添って合格者への内定通知書ご手配、応諾手続等への助言とお手伝いをし、よりスムーズな採用過程を可能にします。また合格者の現職からの退職、採用企業への入社、採用ポジションでの着地・着手("on board")と離陸・ブレークスルー("take off")にもご依頼に応じて助言を致します。